好きな作家さんには「好き」って伝えてあげて下さい

スポンサーリンク

( ・ω・)<皆さん、好きな作家さんいますか?
小説家でも漫画家でもアニメーターでもゲームプランナーでも
どんな作家さんでも良いです。



私はよくウェブで漫画を読むんで、
ネット上に好きな漫画家さんたちがいます。
プロの方もいればアマの方もいます。



大学生の頃からよくウェブ漫画を読んでましたが
ある日突然大事件が起こりまして。
大好きな漫画家さんが突如自分のサイトを全部消しちゃったんですね。










あのね。もう悲しくて悲しくて。
大学生でまだネット慣れてなかったんで
「この人の作品はいつでもどこでもどんな時でもすぐ読める」
なんて胡坐かいてたもんで。
漫画、保存してなかったんですよ。



もう本当にショックでした。
同じ作品を何度も何度も何度も読んで。
何度も何度も笑って泣いて。
大好きだったのに二度と読めなくなってしまって。





あのね。でもね。
実は兆候はあったんですよ。
その漫画家さんのブログに
「このまま描き続けていいのかな」とか
「誰も読まない漫画なんか描いても意味ない」とか・・・。



そのたびに私、ウェブ拍手(っていうのが当時あったんですが)を
何度も押して応援してたつもりだったんです。
でも、それって「好きだ」と言葉にしたわけじゃないから、届かなかったんですね。





今、私、自分で漫画の連載をしていてつくづくわかります。



あのね、読者さんたちからの反応がないとね。
漫画なんか描いてられないですよ。





漫画って、媒体でしょう?
媒体って、読者とコンテンツをつなぐ接着剤なわけですよ。
漫画家という書き手と、読者という読み手が
コンテンツを介してコミュニケーションをするわけなんですよ。
だから、読者から何の反応もなかったら、
もうそこでコミュニケーションなんか破綻するわけで。



実は先月、自分の連載である
1コマ漫画「ホモサピエンス取扱い説明書」、
1カ月間だけ、一日4回更新してました(いつもは一日1回更新)。




担当の編集さんと相談して4回チャレンジしてみっか!って話しになったんですが
もう本当にキツくてキツくて。
10日ぐらいでギブアップしそうになったんですが
ツイッターでとある方から
「ほんっとおおおおおに毎日楽しみにしてます!
一日4回更新なのすごくうれしいです!」
っていうリプをいただきまして。




それでなんとか、ひと月だけは4回更新を全うできたわけです。
(今月からは一日1回更新になりましたが
回数が少ないと嬉しいクレームがはいってます。
少なくてゴメン!!!また4回にできそうな月があったら頑張るね!)




あのね、皆さんに、是非お伝えしたいんですが、
好きな作家さんには好きって伝えてあげて下さい。
本当に短い一言でいいんです。
好きだって。あなたの作品が好きですよって、伝えてあげてください。





伝えた側からは想像もつかないほど、本当に、本当に力になるんですよ。
たった一言でも。とても短い「好き」の2文字だったとしても。
ものすごい活力になるんです。
本当に、涙が出るくらい嬉しいんですよ。



また、もしもその作家さんが雑誌やウェブ媒体で連載をしているようなら、
さしつかえなければ是非その編集部宛てに、メールなどで感想を送ってあげて下さい。

(よく媒体の一番下にお問い合わせフォームみたいなのがあると思いますがソレです)
連載の寿命がグンと伸びたりするんです。
下手したらその作家さんの原稿料が上がったりするんです。




これは漫画に限ったことじゃありませんが
コンテンツを作る人間にとって、
それを読んで楽しんでくれる人たちの「一言」は
本当に力になります。



もしもあなたに大好きな作家さんがいらっしゃったら、
是非是非、「大好きです」って伝えてあげてください。
涙を流して、喜んでくれると思いますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク